• 採用情報
  • お問い合わせ
  • まずはお気軽にご相談ください 06-6376-1281

相続についてお悩みの方

正しい土地評価で相続税が大幅減額 -広大地評価-

前回に引き続き、不動産の相続税を大幅に減額できるテクニックをご紹介します。

1.広大地と広大地評価

広大地とは、その地域における標準的な宅地の地積に比して著しく地積が広大な宅地で、開発を行なう場合に道路や公園などの公共公益的施設用地の負担が必要と認められる土地のことを言います。
つまり、広めの土地を開発する場合には道路や公園を設けなければならず、その分の土地は活用できないということです。そこで、このような土地の評価を減額するために行うのが『広大地評価』です。

当事務所の相続税対策

2.広大地評価適用の有無による相続税の比較

広大地評価をした場合としなかった場合の相続税評価額を、土地面積:2,000㎡、路線価:10万円/㎡の土地を例にして計算してみましょう。

広大地評価適用の有無による相続税の比較

3.広大地評価が適用されない場合

次のような場合には『広大地評価』はされませんので注意が必要です。

・ 大規模工場用地(5万㎡以上)に該当する土地
・ マンション適地(原則として容積率300%以上の地域に所在する土地)か、
・ または既に開発を終了しているマンション・ビル等の敷地
・ その地域における標準的な宅地の面積に比して著しく面積が広大でない土地
・ 開発行為を行う場合、公共公益的施設用地(道路の開設等)の負担がほとんど生じないと認められる土地

4.広大地評価適用による相続税の還付

広大地評価を適用せずに相続税を支払ってしまった場合、相続税の申告後5年以内なら減額の更正が可能になります。
当事務所ではこの相続税更正請求も得意としていますので、お心当たりの方はぜひご相談ください。

ページトップへ