慰安旅行

(植田 瑞樹)

9月1日から3日まで慰安旅行で沖縄の石垣島、西表島そして竹富島へ行ってきました。

初日は石垣島でシュノーケリングをしました。

私はシュノーケリング初体験で不安もありましたが、海に入ると綺麗なサンゴや魚に心を奪われ、不安は一瞬で吹き飛びました。

夢中になって魚を追いかけ陸に戻った時には皆足がフラフラになっていました…

image1

 

その後、西表島に移動し晩御飯という名のプチ宴会

三線の生演奏を聴きながら沖縄料理を頂きました。

ただ、次の日もあるので泡盛は我慢しました。

 

二日目は所長・奥様チームと従業員チームに分かれての自由行動。

所長・奥様チームはスタンドアップパドルボートと初日に引き続きシュノーケリングをされたそうです。

我々チームはカヌー・鍾乳洞探検・キャニオニングの一日ツアーに参加しました。

この日はあいにくの雨模様でしたが、「大人の本気遊び」を合言葉に雨なんて関係ないと言わんばかりに、西表島の大自然の中で夢中になって遊びました。

しかし先輩お二人は、その反動で数日間、筋肉痛に悩まされていたのはここだけの話(笑)

 

そして、夜は合流してからナイトツアーに。

野生のヤシガニやホタルの幼虫、さらにはハブまで見ることができました。

 

三日目は竹富島へ移動し、水牛車に乗り、レンタサイクルで島を回りました。

沖縄独特の赤瓦の家や、サンゴでできた石垣など、本土との文化の違いに触れることができた時間だったように思います。

 

三日間を通じて、今まで経験したことがないことばかりを体験することができ、本当に楽しく、そして充実した時間を過ごすことができました。

しっかりリフレッシュをすることができましたので、また心機一転、仕事に邁進したいと思います!