ランドセル

(上田 英作)

娘が幼稚園の年長組で、来年いよいよ小学生になります。

小学生となると、ランドセル。

事務所の松川さんから、奈良県に本店がある“鞄工房 山本”のランドセルを教えてもらいました。

とても有名なお店らしく、そこのランドセルはとても丈夫で、ほとんど色落ち、型崩れしないとのこと。早速、妻に言いました。これが春先のことです。

ゴールデンウィーク前にランドセルを見に行こうと言うと、カタログを申し込んでるので、それを見てからとのこと。

6月中旬に再度たずねると、カタログがまだ来ないそうです。

大丈夫かなと思っていると、7月中旬にカタログが届き、妻は一番人気の種類のワイン色に一目惚れしたらしく、それに娘が賛同していました。ワイン色とはしぶいなと思いましたが、この色はこのお店にしかないらしく、お店の顔で自慢の色だそうです。

7月24日に妻が慌てていて、鞄工房山本のランドセルがほぼ完売になっているとのこと。

すぐにネットでその気に入ったランドセルを購入したそうなのですが、現物を見ていないため、26日の朝7時に家を出て、奈良本店まで電車とバスを乗り継いで、そのランドセルを娘と二人で見に行きました(私は午後から外せない用事があったため行けませんでした)。

かろうじて一点だけ現物があったため、手に取ることができたそうです。でも数分後にはそのランドセルも現物販売され、そして、その日に2016年モデルは全種類完売となったそうです。本当にギリギリ間に合いました。

娘が気に入ったものを購入できたので良かったですが、やはり私も見に行きたかったです。

 

 

台風

(松川 光芳)

先週末は台風の影響を受けました。

金曜日の夜は、帰りの電車が遅延で、乗車してからも動いては止まりと帰宅するのに時間がかかりましたが、なんとか無事に家に辿り着くことができました。

翌朝、雨もやみ台風一過の晴天となっていましたが、妻と娘が騒いでいます。
どうしたのかと聞くと、その日は娘の通う中学校の終業式だったのですが、台風の影響で終業式を1時間順延するという連絡が中学校からあったそうです。
私が娘に「よかったなぁ。ゆっくり行けるなぁ。」と言うと妻が、「JRが全部止まっていて行かれへん。」と言います。
私は、びっくりしてテレビのニュースを見ると、娘が通学に使っているJR片町線とJR環状線が全線不通になっています。

仕方なく、車で娘を学校まで送ることになりました。
いつもなら、土曜日の朝なので、そんなに混んでいることはないのですが、JRが止まっている影響なのか、渋滞だらけです。
余裕で行けると思っていましたが、数分前に到着し、滑り込みセーフでした。

渋滞の中、家まで戻り、お昼ご飯を食べてゆっくりしていると、娘から終業式が終わったが、まだJRが動いていないという連絡がありました。
少し様子を見ていると、何とかJR環状線は動きだしましたが、JR片町線はまだ動かず、仕方なく、また車に乗って渋滞の中、娘を迎えに行きました。
その日は、車の運転だけで一日が終わったような感じでした。

ただ、久々に妻と娘に感謝されたので、良しとします。

星座表 ふたたび

(的場 康志

先日、日曜日の夜ですが、梅雨の合間の夜空が綺麗でした。

南向きのベランダから夜空を見上げると、

西の方角に明るく光る星が2つ、

それに南の方角に上がっている月の左横あたりに、もう一つ明るい星が。

そこで、以前このブログでも紹介しました、ipadアプリの星座表を使って、

それらの星を調べてみると、西の星は金星と木星、南側のは土星であることが判明。

他の星に比べて、ひと際明るく光って見える理由がわかりました。

でも、よく考えれば、これらの惑星は自分では光を発してない訳で、

太陽からの反射光で光って見えるだけですよね。

地球より太陽に近い金星と地球より遠い木星が並んで見えたり、

地球の衛星である月と地球より遠い土星が並んで見えたり。

目の前の平面上のスクリーンで光っているように見える星々も、

本当は複雑な空間上の動きの中で織りなす位置関係によって見えていることが、

頭では何となくわかるのですが。

自分の目で見えることだけがすべてではなく、

見えていない部分にも本質が隠れている事って、よくあるんだろうなって、

あらためて思いました。