大阪ダックツアー

(木下 洋子)

先週末、事務所のリクリエーションとしてダックツアーに参加させていただきました。

ダックツアーとは、水陸両用バスで大阪の街めぐりと、そして何と水上クルーズの両方を楽しめてしまうツアーです。

IMG_0786

 

新阪急ホテルを出発して、ガイドさんの案内で大阪市役所、御堂筋通り、大阪城を眺めながらバスで進みます。

そのガイドさんのトークが絶妙で、これぞ大阪人、といった感じの笑いをふんだんに盛り込んだ語りで大阪の街を案内してくださり、ツアー終了まで飽きることなく楽しませていただきました。

 そしてこのツアーのハイライトは、なんといってもバスが川に入るところでしょう。

バスの運転手さんに代わって船長さんがハンドルを握り、スプラッシュイン!

飛沫が舞い上がった後は車体がプカプカ、ユラユラと川の上です。

バスが川のなかを走るなんて、日常ありえない光景ですよね。

しかもド派手な外観の車体、注目の的です。

川岸で散歩している人、水上バスの乗客と手を振りあいながら大川をゆっくり進みます。

こんな大きなバスがどうして浮かぶの、と疑問に思いますが、車体には鉄でなく、浮かびやすいアルミニウムが使用されているそうです。

エンジンも陸用と水上用の両方を搭載しているそうです。

 

全部で90分のツアーでしたが、もっと長く過ごしたように感じた、内容の充実したツアーでした。

大阪を案内する際に他地域に住む友人を誘ったら、喜ばれること間違いなしです。

 

お土産は、車内で購入したこのツアーのマスコットのダッパくん(ダックツアーなのにカッパです)のゴム人形。

「あんた、いったい何もんなん!」

早速、関西生まれの我が家の猫にどつかれてました。

 

 

新しい健康診断の基準案

(大野 圭代)

先日新しい健康診断の基準案が発表されました。

 

人間ドックの受診者150万人のうち、持病がない人の測定値を使って解析されたもので、膨大なデータから得られた指標には重みがあります。

 

それによると代表的なところでは、最高血圧の上限は130から147へ、コレステロールの上限も年齢別・性別に基準が設けられ、以前のものと比べるとかなり緩和されたようです。

 

というか、20年~30年ほど前からジリジリ基準が厳しくなってきていたのです。

 

(私が病院に勤めだしたころ、高血圧といえば160以上でした。)

 

これまでの「基準」が少し異常なほど厳しかったので、やっとまともな流れになってよかった…とほっとしています。

 

これまでの、9割の人が基準値からはずれて「異常」とされる現象は、考えてみればおかしな話です。

 

普段元気で健康にもかかわらず、素直で真面目な人ほど心配になり、律儀に病院へ直行し、時間を費やしお金を払って、不必要もしくは過剰な「治療」を受けていた…かもしれません。

 

そして過剰な「治療」の不利益や危険性は誰も教えてくれないところが最も怖いことです。

 

今回の基準の見直しには製薬会社をいれなかったそうですが、そのことが何を示すのか…。

 

これからやってくる超高齢化社会に向けて、やっと国が医療費の削減に向けて動き出したようですが、必要な医療とそうでない医療を区別するのは容易なことではありません。

 

どちらにも偏りすぎない、ほどほどの医学常識を持つことが肝要ですね。(ムズカシイけど!)

 

 

 

公園に行こう!

(折野 晃之)

 

先日の連休は皆さんどうお過ごしでしたでしょうか。

我が家は公園三昧の日々でした。 

どこかへ行く予定はしていなかったのですが、午前中ある程度の時間になってくると、子供がまだ上手ではない日本語で「時間、お出かけ」と言い出すのです。 

やはり、一日家にいるのは退屈なようです。 

そこで、公園に行くことにしました。と言ってもせっかくの連休、いつもの近所の公園ではいつもの休日と変わりないと思い、連休中は連日ちょっと遠出をして広い公園に行くことにしました。 

一つは、公園だけでなく、動物園や児童科学館等もあり盛りだくさんのところで、一日楽しむことができました。 

そして、もう一つは国営の公園でかなりの敷地面積のある公園でした。

みたこともないような巨大な遊具があったりと、いつもの公園にはない楽しみ方のできる公園でした。

連休中ということもありかなりの賑わいで、車で行ったのですが、帰りは駐車場から出るのに列ができてしまい、20分程かかってようやく出れたほどです。 

公園と言えばもちろん公営のものですが、普段は税金の無駄遣いの報道を見たりした都度、公共事業には無駄なものが多いな、などと思ったりしていますが、こんなときは、公園があってありがたいなと思う小市民な私です・・・ 

子供ができてから公園に行く機会が増えましたが、改めて探してみると本当にいろいろな種類の公園があることに気付かされました。 

なんでもそうですが、興味を持って見てみると今まで見えていなかったものが見えてくるようになりますね。

距離感

(的場 康志)

 御陰様で私の長女もこの4月から無事に社会人の仲間入りさせていただきました。
就職活動については、本人がいろいろと探していく中で、自分の納得のいく企業様と巡り合せていただくことができたようです。
私も妻も志望企業様については、口を挟まないようにしていましたので、自分なりに色々と調べたようで、関西のメーカー様に無事に就職させていただくこととなりました。

4月の入社式で配属が決まるとの事でしたが、本人は総合職希望で入社させていただいており、おそらくは営業職に配属であろうとの事でした。

3月に大学を無事卒業した娘に、少しでもメーカーの事を把握する参考になればと思い、 私の書棚から、10年以上前に読んだ、「ザ・ゴール」という書籍のシリーズを数冊、出してきました。

「ザ・ゴール」とは、イスラエル出身の物理学者エリヤフ・ゴールドラット博士の著作による生産管理や経営理論について書かれた内容で、4冊ほどのシリーズとして、15年ほど前に出版されたものです。

営業職とはいえ、メーカーに勤務する娘にとって、いわゆるサプライチェーンマネジメントの基本的理論の1つくらいは知っておいても損はないかなという程度に、娘に渡してみたのですが。 もともと読書の好きな娘でしたので、企業小説風に書かれた読みやすさもあって、気に入ってもらえたようでした。

そして、4月の配属発表において、娘は「購買部」に配属させていただくことができました。
ご存じの方もたくさんおられるとは思いますが、製造現場の要請に応じて、材料や資材を仕入れていく部署であり、企業様のコスト管理や生産計画の一翼を担う役割をメーカーにおける購買部署が務めておられます。

ザ・ゴールで描かれているような世界の入り口に、娘は立たせていただくことができたのかも知れません。

かつて私が読んでいた本を、帰宅後、時折、読み返している娘の姿を見て、父親としては、少し嬉しく思います。

しかし、本の内容はあくまで理論であり、いわば理想的な世界が描かれており、生きた人間が関わり合う現場での実践とは違います。
これから、娘は、実践が必ずしも理論通りにはいかないことを感じることもあるでしょう。
私がそうであるように。

「翻訳は距離感が大事。原文とかけ離れた内容の翻訳ではもちろんいけない。けれども、原文に近づきすぎて、内容が理解できない翻訳でもいけない」と、
吉高由里子さん演じる安藤ハナさんが、アルバイト先の編集長から贈られた言葉です。

これから社会人として仕事をしていく娘も、理論と実践の距離感を、自分なりの言葉や感性で埋めていってくれることでしょう。

これからの彼女の頑張りを父として見守っていければと思います。

いちご狩り

(上田 英作)

娘が最近ようやく「いちごおいしい!」と言って食べるようになったので、

ついにいちご狩りデビューです。

 

現地に着いてさっそくいちご狩りと思ったら、「丘の上のハウスです。」と言われ、

見ると、丘?

どう見ても山です!ものすごく急な斜面を娘を抱っこしながら歩くこと10分。

ようやく頂上に着きました。

すでにヘトヘトです・・・。

 

次は息子を抱っこして、いよいよいちご狩りスタートです。

「食べ放題だから頑張って」と妻から言われましたが、

膝くらいの高さにいちごが植わっているので、息子を抱っこしながらの中腰は

かなりキツイ・・・。

休憩していると、娘がいちごを取って持ってきてくれるのですが、

小さくて青かったり、力づくでむしったためいちごが潰れていたりと、

美味しくない・・・。

 

そんなこんなで何とかいちご30個程は頑張って食べたと思います。

妻に聞くと、「100個は食べた!」と鼻息荒く言っていました。

この血を娘は受け継ぐんだろうなと、男親は少し寂しい気持ちになった

いちご狩りでした。

 

ダイエット

(松川 光芳)

若葉が薫る頃となりましたが、私は、冬の間にたくさんの脂肪を蓄えて、体重が記録更新を続けております。

 

先日、家族で買い物に行ったときに、本屋さんで面白いものを見つけて買ってしまいました。

それは、TRF イージー・ドゥ・ダンササイズというダイエットのDVDです。

TRFというのは、1990年代に一世を風靡したダンスを中心とした5人組の音楽グループです。

そのTRFの音楽に合わせてダンスをすることによって、楽しく痩せてしまおうというというDVDです。

 

ちょっとやってみたのですが、かなりきついです。

娘も気に入って二人で踊っています。

私のコミカルな動きに、妻と娘は大笑いです。

 

これなら、娘との親交を深めつつ、ダイエットができるという一石二鳥の効果が期待できます!!

ブートキャンプ式、カーヴィーダンス、ロングブレスダイエットなど数多くのダイエットに失敗してきた私ですが……。